町家の雛めぐり
 町家の雛めぐり >> ひな祭の歴史・ひな人形の楽しみ方

 ひな祭りの歴史
  ひな人形の楽しみ方

ひな祭の歴史

  • 起源は平安時代中期(約1000年前)
    三月の初めの巳の日に、上巳(じょうし)の節句といい、無病息災を願う行事をしていた。陰陽師を呼んで、神に祈り、人形に自分の災厄を托して海や川に流していたそうです。

    その頃、上流階級の女の子の間では「ひいな遊び」というものがありました。ひいなとは、人形のこと。紙などで作った人形と、御殿、身の回りの道具を模した玩具で遊んでいたそうです。まぁ、いまの“ままごと遊び”と言ったところなんでしょうか。
    長い月日の間に、こうした行事と遊びが重なり合って、現在のような「ひな祭」と姿を変えてきたようです。

  • この上巳の節句が三月三日に定まったのは、室町時代(約600年前)頃。この頃は、まだ 「ひな人形」を飾って遊ぶ今のひな祭とはかけはなれた、祓いの行事 であった。
  • 寛永6年(1629)、京都御所で盛大なひな祭が開催されました。この頃から、幕府の大奥でも、同様にひな祭を行うようになり、この習慣は徐々に上流階級から町民へ、都市から地方へと広がっていきました。

    江戸中期には、女性たちばかりでなく、女の赤ちゃん誕生を祝う初節句の風習も生まれ、ひな祭りはますます盛んとなりました 。
  • この頃から附属のひな人形やひな道具の種類も多くなり、かなり贅沢なものが作られるようになりました。

  • 質素倹約を推奨する幕府はひな人形の華美を禁じるお触れを何度も出しています。

  • 明治時代に入ると、新政府は従来の節句行事を廃止して新しく祝祭日を定め、節句行事は一時衰えました。しかし、長い間人々の生活に根を下ろした行事は簡単になくなるものではなく、自然的に復活し、今日にも、ひな祭が行われるようになっています。

ひな人形の種類

  • 上記の歴史的背景から主にひな人形には、2種類があります。

  • 江戸雛
    質素倹約を推奨した幕府のお膝元である「江戸」で、創られてきた雛人形
  • 京雛
    雅やかな御公家文化の「京都」で、創られてきた雛人形
これらの違いを見て行きましょう。
江戸雛 京雛
江戸雛 ひな人形 京雛 ひな人形
まずは、江戸雛と京雛の2種類を写真で並べました。どうでしょうか。パッと見て違うところに、気づくでしょうか? これらを見比べて行ってみましょう。

江戸雛 内裏
▲江戸雛▲
京雛 内裏
▲京雛▲
男雛と女雛

童謡で、お内裏様とお雛様と唄われる主役です。如何でしょう。見た目ですぐわかるのは左右の並びが違います。

昔は、官位などの階級を記録するときに、位の高い方を右から順に記していました。現在の「右に出る者はいない」との慣用句も、これに由来しており、逆の言葉に「左遷」なんて言葉もあります。

この右が高位なものとする考え方に従ったもので、男雛を右、女雛を左に並べていました。

しかしながら、昭和に入って天皇陛下・皇后陛下のお写真が、天皇陛下が左、皇后陛下が右となった為、これに習って、関東の方では、左に男雛、右に女雛が飾られるようになり、一般的に江戸雛は、男雛(左)、女雛(右)となったようです。

また、質素倹約を推奨した幕府のお膝元で発展した江戸雛に対して、京雛の方は、豪華で艶やかな作りになっていることが多いようです。写真でも、お内裏や三人官女の服装の違いが見てもらえると思います。
ひな人形 五人囃子 五人囃子

向かって左から太鼓、大皮鼓、小鼓、笛、そして扇を持つ謡い手が右にくるように並んでいます。音の大きなものから小さなものへ、左から右に並ぶと覚えると分かりやすいでしょう。
ひな人形 随人 随人

向かって右が、左大臣で、お爺さんになります。
江戸雛 仕丁 衛人
▲江戸雛▲
京雛 仕丁 衛人
▲京雛▲
仕丁(しちょう)又は衛士(えじ)

いろいろな御世話仕事をする人たちです。
江戸雛は沓台(くつだい)をもっている仕丁がまん中、向かって左に台笠、右に立傘を持っています。

京雛は、まん中にちり取り、左右に熊手と箒をもった人形を飾ります。

京都では、御所のお掃除に仕えているということなのでしょう。反対に、江戸では、お出かけに備えているということなのでしょう。
毛氈 赤 毛氈(もうせん)

お雛飾りに付き物の、赤い毛氈。

昔の中国では、赤は魔よけの色。神社の柱が赤いのも、また橋が赤く塗られているのも病気や地震や火事のような悪いことが、起きないようにといった魔よけの意味がありました。これに習って昔の赤ちゃんは、男でも女でも赤い産着を着させていました。
雛人形にも、悪魔が近寄らないようとのことで、赤の毛せんを敷いているそうです。
なお、これらは一般的な慣例であり、それぞれの御家庭では、様々な習わしや、言い伝えにより、この通りの飾り方でない場合もあります。やはり、それらは、各御家庭のならわしを尊重していくべきであろうと考えております。

Directed By 天の川実行委員会 since 2007
Web Publish powered by NPO法人アシスト